ヤスこと片岡治大選手応援ブログ。ヤスと一緒にブログも移籍?!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週ベ「二塁手の極意」
2014年05月12日 (月) | 編集 |

週刊 ベースボール 2014年 5/5号 [雑誌]

週刊 ベースボール 2014年 5/5号 [雑誌]


週刊ベースボールの5月5日号が『二塁手の極意』というポジション特集だったので
購入してみました。
表紙は楽天の藤田くんとカープの菊池くんだったのですが
きっとヤスも出てるだろうと思ったので。
大きく取り上げられてはいなかったですけどなかなか興味深い内容でした。

ヤスのファンになるまでは正直セカンドってあまり注目して見るポジションじゃなかったので・・・
内野の花形ってやっぱりショートですもんね。
セカンドは地味な(ごめんなさい)イメージがあったんですけど
ワタシの中では今や花形(笑)
カープの菊池くんや楽天の藤田くんのプレーなど敵ながらワクワクしてしまいます。

記事によると楽天の藤田くんはそれほど肩は強くないし守備範囲も広くないけれど
様々な工夫をして好守につなげているようです。
例えば周辺視(周囲の情報を瞬時に判断する)を広げるために
2つのボールを同時にキャッチする練習をしたり
ジャンピングスローは浅田真央ちゃんのジャンプを参考にしたり。
セカンドは打者によってポジショニングが重要と言われてますが
藤田くんは結構大胆なポジショニングを取るそうです。
それは横浜時代に仁志さんの近くで練習してきたことも今に活かせているそうです。

菊池くんは肩は強いし守備範囲は広いし
コーチもチームメイトもびっくりするほどの身体能力だそうです。
大学時代はショートだったそうですが、時々投手もしていて150km近い球を投げていたようです。
身体能力に加えて最近はポジショニングも考えて取るようになったそうで
カープの1,2塁間には穴がなくなってしまう・・・Σ(・ω・ノ)ノ!
いろんなチームの二塁手が「頭を使う。考えるポジション」とコメントしてました。
ヤスも「ポジショニングが大事」とコメントしてましたが
パリーグとセリーグでは打者のタイプがかなり違うので「野球が変わってきた」という
表現をしてました。
そんな違うものか・・・という印象です。
次に観戦に行ったときには打者によってどの位ポジション変えるのか
注目して見てきたいと思います。

ポジショニングといえば、甲子園ではこんなシフトありましたね。
gs.jpg
これはベンチの指示ですが・・・さすがに初めて見るポジションですΣ(・ω・ノ)ノ!
(セカンドベースよりもショート寄りに立っています)

甲子園3連戦での2戦目までは絶好調でした。
特にテツさんの2戦目は先制タイムリーに追加点のタイムリー。
その後盗塁して同点のホームイン。
fc2_2014-05-11_10-44-29-266.jpg
ご機嫌でした( ´艸`)
1戦目、2戦目は勇人くんとヤスの1、2番コンビが躍動。
2人で2球で1点とかねぇ。ホントもう相手チームにとってはねぇ。
でも3戦目はヤスはいいとこなかったですね。
初球でバント失敗とサードからのダブルプレーを送球ミス。
うーん。デーゲーム&サングラスはなんかあるんですかねぇ。

ともあれ9連戦お疲れ様でした。5勝4敗ということで無事に勝ち越し。
明日からは地方球場で2戦。
またまた移動が多いですね・・・

何気に1000本安打まであと3本だったり・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ヤス記録達成まで
5/11現在
1,000本安打まであと3本
300盗塁達成まであと20盗塁
1,000試合出場まであと30試合
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お読みいただきアリガトウゴザイマス!
ぽちっといただけましたら、幸いです (*´ω`*)

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。